シーリングライトの交換方法は?LEDって交換できるの?


シーリングタイプはどうやって取り換えるか

天井に取り付ける照明器具として、かつては蛍光灯を使うものが主流でした。ペンダントタイプと言って天井から吊り下げられるようになっていて、蛍光灯の寿命が来れば蛍光灯のみを交換できるようになっていました。最近は蛍光灯を使うタイプ自体がほとんどなく、シーリングタイプにしてもペンダントタイプにしてもLEDを使うものしか見かけなくなっています。新たにLEDを使うものを取り付けた時に気になるのは蛍光灯のような交換が行えるかですが実はそれはできません。もし暗くなったり使えなくなったら照明器具丸ごとを新しいものに交換しないといけません。丸ごとを交換するとコストがかかりそうですが、照明器具自体の寿命が非常に長いので蛍光灯を交換する方法とあまりコストは変わらないようです。

取り換えができるLEDの照明

LEDのシーリングライトやペンダントライトは点かなくなれば丸ごと交換が必要です。では浴室等にある照明器具などが点かなくなったらどうするかですが、おそらくは中に入っているLED電球を交換すれば済むでしょう。それまで白熱電球を使っていたところにLED電球を取り付けた時も、使えなくなれば新たなLED電球を購入して取付ければ済みます。ペンダントライトの蛍光灯といえば円形タイプですが、これのLED仕様が登場していて蛍光灯と同じように取付ければ使え将来的には交換も可能です。オフィスなどでよく見かける長いタイプの蛍光灯にもLED仕様があり、こちらも将来的に交換が可能です。LEDの照明には電球などの交換で済むものと器具そのものを交換しないといけないものがあるので注意が必要です。

LEDライトパネルは、表示面が内側から照らされているポスターフレームのことです。主に飲食店やショッピングモールで広告を引き立てる目的で使われています。