精神科?心療内科?うつ病治療はどっちにいくの?


どちらに通っても大丈夫

現在の気持ちのつらさはうつ病が原因によるものだと感じているのなら、メンタル系の医療施設での治療を考えているかもしれません。そのときに頭をよぎるのが、精神科と心療内科のどちらで診てもらえばよいかという問題です。それぞれは対応する病気の範囲が異なるため、正しいところを訪れなければ、きちんと診察してもらえないと思うでしょう。たしかに、ASDや摂食障害を診てもらうのなら、より専門知識があるドクターがいる診療科を訪れたほうが確実です。しかし、うつ病なら両方ともに診てもらえるので、精神科と心療内科のどちらにすればよいか迷う必要はありません。

もしも、内科のかかりつけ医がいるのなら、その方に相談するのもよいでしょう。そのまま治療を行ってもらえる可能性もありますし、無理ならば適切な医療施設を紹介してくれるはずです。

すぐにでも予約をしよう

精神科でも心療内科でも基本的には予約をしなければ、うつ病を診てもらうことはできません。そのため、できる限り早くうつ病を診てほしいと考えるのなら、今すぐにでも予約を取るために医療施設に電話をかけましょう。人気の医療医施設の場合は、予約がこれから先の1ヶ月間埋まっていることもあるので、早く治療を始めたいなら早く予約を取る必要があるのです。電話をすれば、受け付けの方が空いている日を教えてくれるので、都合のよい日に予約を取ってうつ病を診てもらいましょう。ちなみに、極一部の医療施設では予約なしで診察を行っています。かなり数が少なく住んでいる地域にはない可能性もあるため、便利なインターネットを駆使して探してみましょう。

TMSとは、うつ病治療のひとつです。脳の特定の部位に磁気を照射し、血流を増加させて脳機能の回復をはかります。副作用が少なく、安全性が高い治療法とされています。